上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.15
キャリー買わなきゃカード作んなきゃ電圧機買わなきゃ文法復習しなきゃ、
と、やることいっぱいあるくせにこんなこと(PC弄ったり)してます。

今日は日本武道館での追悼式中継見てました。
あとは録画した大和の番組を見た。これ、めちゃ長いですね…
あの番組を見ていて、印象に残ったのは蚕でした←
何であんなに蚕映すんだよ。やめてくれ。私は本当あの手の虫が苦手です…(´・д・

そして衝撃だったのは、洗濯物に蝉がくっ付いていた。
「ぎゃあああ!!」←本当にこんな声を出してしまった。近所の皆様すみません汗
人のタオルにたかってんじゃねーよ!と言ったって蝉にゃ通じませんが。

随分と大袈裟な書き方をしてしまったが、
この虫嫌いも何とかしたいんだけど、何ともなりそうにない。
…何だか虫トークばっかりしてる気がしますw


下記からは今日と言う日なのでちょこっと。
上記に大和の番組見て、蚕がどーとか言ってますけど、蚕さんより大きな衝撃があった。

以前辺見じゅんさんの著書で八杉さん(八杉康夫氏)のエピソードで、
八杉さんを救った(と言っていいのか)高射長の話が印象に残っていました。
カイゼル髭をはやした高射長です。
カイゼル髭と言うから、いかついお方(失礼ながら)を想像してたのですが、
この番組でその奥様が取材に答えられており、おまけに再現ドラマまでやっておりました。
大和の戦没者名簿に(第二艦隊の方も含む)、川崎勝巳さんと名が乗っております。
川崎さん、私のイメージと異なりとても爽やかなお方でした。
勿論全くいかつくなどありません(瀬名の想像力が乏しいだけである

あ、それから今年の15日には行けなかったのですが、先日行って参りました靖国。
現物を拝見したかった、宮内中尉(宮内榮氏)の御遺書をゆっくり見れて良かった。
ついで、名簿にて林くん(林尹夫氏)の名を見つけることが出来ました。

あんまりぐだぐだ長く書くのもあれなので、
印象に残っている言の葉等を書いて終わりたいと思います。

「もし、この戦争に負けたなら、大和民族は地球上から抹殺されるかもしれない。
国家存亡の秋、じっとしておられないのです。日本人であるならば、それは当然です」


これは回天搭乗員の安部英雄さんの言葉です。当時18歳。
ああ、18歳と言えばもう私より年下になってしまった。
私がこの言葉を知ったのも丁度18歳でした。

では最後にもう一つだけ。
これは私の好きな葉隠れの言葉を再考させられるものとなりました。

「武士道とは死ぬ事と見つけたりとは、平和なときの武士のいうことだよ」

これは当時22歳の柿崎実さんの言葉。
宮本雅史さん著書の「海の特攻回天」に彼の死生観として紹介されています。


正直に白状しますと恥ずかしながら、
中学時代まで今とは異なる左寄りのやや反日思想を抱いていた私ですが、
今では日本人に生まれて良かったと心から思います。
本当あの頃の自分が憎たらしい。勉強しなさすぎ、無知にもほどがある。
自戒を込めて、これからももっと知るべきことがあるのだと今日の日に改めて思う。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonbokirionimaru.blog92.fc2.com/tb.php/534-a527cc57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。